沖縄のおすすめフォトウェディングご紹介&WEBで簡単ご予約サイト

HOME > 衣装選び > ドレス

  • ドレス

    短所をカバーし長所をより良く見せる

    ドレスには人気のAラインやプリンセスラインをはじめ、様々なタイプがあります。例えば、背が低く痩せ型の人は縦のラインが強調されるAラインがぴったり。また、プリンセスラインはぽっちゃり体型をすっきり見せてくれる効果があります。一方で背が高くスリムな人はメリハリボディを演出するマーメイドラインやすっきりした印象のスレンダーラインを、ウエストや下半身が気になる人はベルラインを選ぶと良いでしょう。

    ドレスラインの種類

    ネックラインはデコルテを美しく印象づけて

    顔周りを印象づけるネックラインも、ドレス選びの重要な要素の1つです。丸顔か細面かなどの顔の形や肌の色、また雰囲気に似合うかどうかもポイントです。たとえば首筋が出るスクエアネックやオフショルダーは、首から胸元にかけてのデコルテをすっきり見せ、丸顔もシャープな印象に。一方でハイネックは細身で首の長い人は似合うものの首が短いと垢抜けない印象にもなりかねません。普段着ている服でどんなネックラインのものが多いのかも、似合うタイプを判断する上でのヒントになるかもしれません。チェックしてみましょう。

    ドレスのデザイン

    ヘアスタイルやアクセサリーもネックラインにあわせて

    どんなネックラインのドレスにするかによって、ヘアスタイルや身につけるアクセサリーも変わってきます。ハイネックならドレスとのバランスがとれるようにトップを高くしたアップスタイルに、またデコルテが強調されるビスチェタイプなら、ちょっとノスタルジックなダウンスタイルも素敵です。アクセサリーも華奢なタイプにするかボリュームを持たせるか、またヘアアクセサリーの大きさや位置によっても印象は変わります。ドレスを決めたら、ヘアスタイルをイメージしたり、アクセサリーの試着も忘れにおこないましょう。

    ドレスに似合うロケーションとは

    ロケーションフォトの場合、どんなシーンで撮影するかによって着るドレスを検討する必要もあります。ビーチやガーデンでの撮影であれば、アンクル丈のドレスが動きやすく様々なポーズに挑戦できそう。また、チャペルでの厳かな挙式の雰囲気を写真で表現したいのであれば、肌の露出をおさえめにしたデザインのドレスが向いています。一方でホテルなどの広いパーティー会場が撮影場所であれば、ボリュームのある華やかなドレスがお似合いです。どんな衣装が最適か撮りたいシーンとわせて検討してみましょう。

PAGE TOP

沖縄フォト
ウェディング
資料請求